様々な症状に対応できる海外医薬品

偏頭痛に効く海外医薬品

 

生理学的な統計を調査するある機関のアンケートでは、「偏頭痛」は男性より女性に多く見られる傾向にあるという結果が出ています。

「偏頭痛」は「片頭痛」と表記されることもありますが、いずれも意味は同じとされています。

厳密には「偏頭痛」は神経学的見地による疾患で、その症状として頭の半分が痛くなる「片頭痛」が存在します。
また偏頭痛には、頭の痛みの他にも嘔吐や吐き気という症状もあります。

よく「自分は偏頭痛持ちだ」という方を見掛けますが、これは症状が進行して慢性化したもので、痛みが通常的に現れることになります。

頭痛薬はこういった症状を緩和するものとしてさまざまな種類のものが販売されていますが、多くは痛みを和らげるだけでその原因を治療しているものではありません。

なぜなら、偏頭痛発生の大体の仕組みはわかっていますが、根本的な原因は未だわかっていないという状態だからです。

偏頭痛の症状を緩和する医薬品として、海外で販売している「イミグラン」は頭痛症状の原因である腫れ上がった血管を収縮させる効果があると需要が高いです。

この薬は、痛みが限界に達するまでに服用することで一層の効果が見られます。

また、「イミグラン」と同じ主成分スマトリプタンを持つ「イミトレックス」も多くの人が利用している医薬品です。

 

薬のネット販売者の論破

 

市販薬はその薬のリスクにより『第一部類』『第二部類』『第三部類』に区別されます。

そのリスクは第一部類が一番高くて第三部類が一番低くなります。

第一部類では医師により処方される薬及び処方箋が必要とされる薬になります。

また、販売者はその薬の情報をしっかりと提供する事が義務となっており、義務ですので怠る事が出来ないわけですね。

第二部類に関して言えば皆さんもおそらくお世話になっている『風邪薬』などが区分されますよ。

第二部類は第一部類より少し義務が弱まり努力義務になっています。

努力義務とは、義務ではあるものの、それをしなくても罰則・法的処理を受けない事を意味します。
つまり、第二部類の薬は義務ではあるものの、それを怠っても販売者側にデメリットはあまりない事を意味しますよ。
強制力が弱いとも言い換えられます。

第三部類に関して言えば、ビタミン剤などが区分されています。

ビタミン剤も摂取しすぎはいけませんが、リスクが少ない事から第三部類になっていますよ。

さて、薬の第三部類、第二部類ではネット販売は禁止と、従来までそういう法律でした。

けれど、法律改正によりそれも解禁され、一部の薬を除いてはすべての一般医薬品の購入が可能になったのです。

その経緯はネット販売者による訴えが法律の改正にまで発展していきましたよ。

誤った方法で薬を飲んで健康被害が出る可能性については『代理で購入できるのであれば店舗販売もネット販売にも違いはない』と述べ、販売業者は反対派の意見を論破しました。

現状、インターネットの薬の販売サイトをご覧になれば気が付くかと思いますが、第一部類・第二部類に区分けされていた薬でさえも購入する事が可能となっております。